ncstudy、hbstudy、odstudy、合同勉強会 トラブル☆しゅーたーず#05 ~過去からの贈り物~ を開催しました。

■ あれ? 03と04は???

m(_ _)m さーせん、この勉強会を開催すると、必ずリアル障害が発生するって御存知ですか?

前回もその前も、ちょっとイロイロあってさぁ・・・

 

さて、ソレハサテオキ

■ 今回発生した障害

今回の障害は、五月女商会さんのメガネECサイトで発生しておりました。

クラウド上で構築していたサーバーが、再起動したら「?」なにか変だよ??

例によって TV 放映が決まっているんでよろしくね (はーと)、アクセス(と売上の相関について報告しないといけないから)数はちゃんと報告してね ってところでした。

 

詳しくはこちらを御覧ください。

http://www.zusaar.com/event/526059

トラブル☆しゅーたーず#05 ~過去からの贈り物~ on Zusaar-1

■ 今回の裏側

実際の障害よりも、報告書が大事だよっていうけど、中身がどうなっていたか、なぜそうなっていたかを追求したい方もいますよね?

今回の障害の裏側では一体なにが発生していたのでしょうか?

ちょっと裏側を見てみましょう。

 

各チームがそれぞれ何をしていたのかは、こちらの資料を参照

 

システム構成

  • 初期状態
    • WEBサーバ
      • 状況 クラウド側の障害で、インスタンスが再起動した
      • 構成 apache(ソースインストール) + mysql(minimal)
      •    apacheはapache killer対策がされていない
      •    mysqlはminimal default setup (゚д゚)!
      • 現状 apache + mysqlでEC-CUBEが動いている ※ちゃんと動いてはいる
  • 担当者
    • 山◯君 (今回は彼女と お ん せ ん に行っている)
    • 2年前からサーバー上で作業はしていない。

※ 連絡がつかないとは言っていない

Read More

Devlove 〜Chef de DevOps〜 に参加してきました。

今回は、7月20日に開催された Devlove 〜Chef de DevOps〜 に参加してきました。

いや、ncstudyとして、特段何をしたというわけではないのですが、今回利用いただいた環境がニフティクラウドということで、ncstudyで協力させていただいた形です。(あんまりお手伝いできなくてごめんなさい、(´・ω・`))

 

内容は以下の通り!

 

1:開会の言葉

2:@ryuzeeさんによるセッション

100枚以上に及ぶ内容たっぷりのセッション

システムに関するテストやデプロイの標準化がちゃんとされているか?に始まるひじょうに内容の濃いセッションでした。

結構たくさんの方が、システム配布やテストの自動化を実施されているんですね。。。

見習わないと・・・

個人的には、100枚のプレゼンさすがにお腹イッパイでした。

Read More

ncstudy、hbstudy、odstudy合同勉強会 トラぶるシューターズ#02 を開催しました。

■ あいつがまたやらかした!!

やたら更新が遅くなってごめんなさい。 m(_ _;)m ホントゴメン!!

もうずいぶんと前になってしまいましたが、6月2日にhbstudy、ncstudy、odstudyの合同で勉強会が開催されました。

今回も、@ysaotome と @netmarkjp の魂を削って作り込んだ障害が参加者を存分に蹂躙した非常に笑える充実した会でしたのでその様子をお伝えします。

 

■ 今回発生した障害

詳しくはこちらを御覧ください。

http://www.zusaar.com/event/296005

■ 今回の裏シナリオ

今回の障害の裏側では一体なにが発生していたのでしょうか?

実は今回障害を発生させてしまったお客様(五月女商会)の舞台裏では以下のようなことが発生していました。

障害後先方の担当者へのヒアリングをお聞きください。

Read More

第3回開催案内 〜ニフティクラウドのAPIを使って、何かつくってみよう〜

■開催告知

nctudy#3 2012.06 ニフティクラウドのAPIを使って、何かつくってみよう

□内容

ニフティクラウドAPIを活用して、手作業を自動化してしまおうハッカソン。
システム構築が簡単にできる世界を実感してみよう!!
ニフティクラウドの機能を体感してみる会にしたいと思います!!

日程: 2012.06.16 13:00~19:00
申し込みページ:http://www.zusaar.com/event/274001

参加費: 無料。

候補1: ECサイトをつくるデモもやります。起動時スクリプトでなにかつくります。

候補2: LB+WEBx2を構成をAPIで書いてみよう

□持ち物、お願いなど

無線LANにつながるPCを持ってきてください。
Windowsの方が良いですが、macでも何とかなります。
CLI、Java、PHP、Ruby好きの方お待ちしてます。
ブラウザはIEかFireFoxを用意してください。
ニフティクラウドAPI環境は、ニフティクラウド上に用意もしてます。
SSH接続環境を用意してください。Teratermがおすすめ。

□講師&スタッフ

(予定)@meryo2000、@ysaotome、@h0da、@walkedhome
<ニフティのインフラを守るお仕事をしている人>にてお送りします。

□当日の流れ

1. ニフティクラウドの簡単な使い方説明
2. 手作業でニフティクラウドを操作
 - CentOS環境を構築する
  – アップデートをする
  – EC-CUBEを構築する
  – 冗長化構成にする(LB+WEB×2)
3. ニフティクラウドのAPIサンプル提供
  – APIの使い方について説明
4. 手作業で実施したものをAPIを活用して自動化してみる
- グループワーク、ハッカソン、発表

□必要な技能について

今回のイベントですが、基本的にチームで実施されますので、個々人に超絶な能力は必要ありません。

とはいえ、ちょっと不安だよねってことで、参加される際に、一般枠とビギナー枠のどちらに属するかをアンケートにてお答えください。

どちらに属するかの目安
  • 一般枠 … Linuxのインストール、Ruby or PHP or Java or CLI かける方
  • ビギナー枠 … そのへん(↑)ちょっと自信ない方
  • スーパーエンジニア枠…一人で全部やっちゃいたい方

   ※ご期待には添えない場合もありますので予めご了承下さい。

□ディスカッション

・実際にどんな用途があるのか?
・どのSDKが好き?どんな機能が欲しい?
CLI、Java、PHP、ruby
・工夫した点
・苦労した点

□プログラム

11:00-11:30  不慣れな方向け事前講習会(希望者のみ)
11:30-12:30   ランチタイム
————————————-
12:40-13:00    開場
13:00-13:10    開演の挨拶&諸説明
13:10-14:00    スクール形式のハンズオン
ニフティクラウドを実際に操作しながらお話を進めます。
14:30-14:50    休憩とワークショップ準備、コーヒー、おやつタイム
15:00-18:00    グループワーク。ガリガリ開発。ハッカソン。

18:00-19:00    みんなで発表会 (効果・勘所)

- 18:30-18:40    休憩
実際やってみてどうだったのか?情報共有(効果・勘所)
ディスカッション、クロージング
19:30-          お片付け、移動
20:00-           懇親会 (希望者のみ)

□ハッシュタグ

#ncstudy

□連絡先

Twitter @h0da までお願いします。

□定員・補欠、チケットについて

定員は応募状況により増減する場合があります。(定員に達していた場合は、補欠登録をお願いします)
補欠ではない方の登録が終わると、自分宛にメッセージが届きます。
メッセージにあるリンクをクリックすると、チケットが表示されます。
補欠の場合は、メッセージは届きません。
補欠から繰り上がっているかここで確認し、繰り上がっている場合はここの右側に「チケットを表示する」が現れます。これをクリックするとチケットが表示されます。
チケットにある「チケット番号」を受付時にお伝え下さい。チケット番号が分からないと受付けに時間がかかります。ご協力お願いします。
(チケットを印刷して持参することは必須ではありません。チケット番号が分かれば大丈夫です)
補欠から繰り上がった場合は、登録者に通知されることはありません。
補欠になった方は、繰り上がっているか時々ご確認ください。
Twitter @h0da にリプライしていただければ、ご確認をお願いする旨のリマインドを発信いたします。

□参加希望の場合は下記から参加登録してください

□開催場所

ニフティ株式会社 セミナールーム(東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー18階)

http://www.nifty.co.jp/company/outline/access.htm

□会場案内

https://sites.google.com/site/qpportal/conference-room/nifuti-zhu-shi-hui-she-seminarumu

  • 大森ではないのでご注意ください。(2011年12月に西新宿へ移転されてます)
  • 開始時間以降に来る場合は、Tiwtterハッシュタグ「#ncstudy」をつけて迎えを呼んでください。
  • 迎えを呼ばないと入れません。
  • 大切なお約束
  • 人材紹介もしくは転職や就職の斡旋・勧誘を目的としたご参加はご遠慮ください。
  • 受付時に名刺1枚の提出が必要です。
  • 受付前に、あらかじめ参加登録したときのお名前(アカウント名)を名刺にご記入ください。
  • 名刺がない方は、名刺大の紙に氏名(本名)・連絡先(電話番号)をご記入していただくと助かります。
  • 受付の列に並ぶ前にご用意ください。
  • 参加者の氏名と連絡先は入退室管理の観点、機器破損・怪我等トラブル発生時のためにお伺いします。その他の目的には使用しません。
  • 受付時にいただいた名刺や個人情報はすべてニフティ様にて提出し、ニフティ様に適切に処理していただき、本勉強会には残しません。
  • この勉強会は、会場をご提供いただくニフティ様とは、会場の提供以外の関係はございません。
  • 開催中の内容は、当勉強会や発表者の見解や意見であり、必ずしもニフティ様の見解・意見を代弁するものではありません。
  • この勉強会は基本的に自己責任でのご参加とさせていただきます。
  • 開催中の事故・天災・その他の自称によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いません。
  • ※スタッフおよびスタッフよりご連絡を受けた方は、ここに参加登録する必要はありません。
  • スタッフからご連絡を受けた方は、受付時にその旨をお伝え下さい。

 

ncstudy、hbstudy、odstudy合同勉強会 トラぶるシューターズ#01 を開催しました。

 ■ 開催のきっかけ

開催しようとしていたきっかけ。皆さんは”trouble-maker”というツールをご存知でしょうか?gigagineさんとかで紹介されていたので、ご承知の方も多いかと思います。

このツールを見て、Twitterで「ニフティクラウド上で発生させて直す勉強会をやろう」って言っていたのが最初です。

その後しばらくサブマリンしていましたが、2月29日の深夜、hbstudy馬場さん、odstudy前田さん、@ysaotomeさん、とfbチャットを使って開催を決定しました。

当初は”trouble-make”を実行してそれを解決するだけだったのですが、

「 どうせやるならリアリティを!!」

「 チーム戦にして!!」

「 ぼっち禁止、ディスカッションを重視!!」

みたいな要素が加わって、なんじゃかんじゃで、結局”trouble-maker”は利用せず、すべてお手製で障害を作り込むことにしました。

なので、時間と手間は結構かかっていますね。構想3ヶ月、実施に約1か月間くらいですね。

■ 開催の結果

実際募集してみると、定員45名に対して、申込者76名、最終的な参加者50名弱(スタッフ含む)という非常に盛況なものでした。

参加者の声として

トラブルシュートを各社のノウハウと自分のノウハウを活用しながらできたので、とてもためになった

楽しかった

リアルすぎて、胃が痛くなった

などの、非常に前向きなご意見を頂戴いたしました。

運営側としても、見ず知らずのエンジニア同士が 苦しむ様 コミュニケーションを図りながら、障害を解析し仕掛けた罠にしっかりハマり、報告用ドキュメントの作成し、実際に近い形での報告を、限られた時間の中で実施しているさまを見て、ニヤニヤすることができ 非常に有意義でありました。

非常に好評であったので、ぜひ第2回を開催したいと思います。参加人数は限られると思いますが、ご興味のある方はぜひご参加ください。

■ この勉強会で実現したかったこと

 

個人的な想いで申し訳ないのですが、自分自身 ”エンジニアをを幸せにする”という目標を持っています。

今回の勉強会では、以下のスキルを向上させて少しでも目標に近づけたらと考えて、やってみたいと思いました。

(幸せになるためには、楽ができるツール(ニフティクラウドとか)を活用するだけではなくて、いろんなスキルも身に着けないとね。ってことで。)

 

  • 技術スキル向上
  • 障害対応絶対能力の向上
  • 自分より単純にスキルレベルが高い人の考え方や、現象の見方(データフローに沿って考えよう)の共有他社の障害対応のやり方をミックスさせて、より迅速に、精度よく対応する力が向上する(はず)
  • 絶対的にダメだったら、「 こういうやり方はダメだったんだ 」 ということで向上する(はず)
  • コミュニケーションスキル向上
    • 限られた時間の中で、烏合の衆をチームとして機能させるために自分が果たす役割は何かを明確する
    • 情報共有の方法の開拓 (ホワイトボードも、PCも、GoogleDocsも、プロジェクターもあったよね?)
    • 今度こういうことがあったら!って思った人が居てくれれば大成功!
  • ドキュメンテーション能力の向上
    • これまで各自が積み上げてきたドキュメント(そのエッセンス)を融合させ、ともすればテクニカルのみに走ってしまいそうな情報を、一般の人にもわかるように、まとめる力(どうもこのあたりは、あまり好きではない人が多かったみたいですね。)
  • 企業人としてのスキル向上
    • 提供者側の都合ではなく利用者が何を求めていて、何を出したら良いか (実際やったことや、調べたことすべての事象を盛り込まないスキル)
  • まぁこのあたりが前置きですが、実際どんなシナリオの障害だったのか、開催されている間の様子などをご紹介したいと思います。

    第2.5回開催案内 〜起動スクリプトでシステム構築を加速する〜(終了)

    ■開催報告

    こんにちは。
    NCstudy#2.5の講師をさせていただいた五月女です。
    2012/02/25になんとか無事にNCstudyを開催できましたので、簡単に紹介します。

    当日は多くの人に参加していただき、短い時間の中でニフティクラウドの仕組みや起動スクリプトの利用方法についてまとめさせて頂きました。
    ただ、元々少ない時間の上、さらに機材トラブル等で時間を短くしてしまって申し訳ございませんでした。
    やはりハンズオンをするからには、まとまった時間が無いと難しいなぁと痛感しましたので、
    次回以降はこの反省を活かしたいですね。


    Read More

    第02回開催案内 -オートスケールするアプリケーションを作ってみよう- (終了)

    ■ オートスケールするアプリケーションを作ってみよう

    この勉強会は実際にオートスケールするアプリケーションを動かしてみて、どのような挙動になっているのか、どうしたら
    オートスケールするアプリケーションを構築できるのか、どこに問題点があるのかなどをディスカッションしました。
    アプリケーション、db(データーの持ち方)、ニフティさんのオートスケールの仕様にいたるまで非常に広範で活発なお話ができたとおもいます。

    第01回開催案内 「 Rails3サーバ作ってみよう」(終了)

    第01回開催案内

    第01回の開催 ATNDを作りました。

    #01は co-meeting Inc. 吉田さんによる、「 Rails3サーバ作ってみよう」です。

    ニフティクラウドの環境を使って各自がRails3環境を構築するまでの試してみることができます。

    Rails3環境を構築するまでの速さと、クラウドならではを感じてみてください。

    みなさん参加をお願いいたします。

    http://atnd.org/events/16015

    ■ 利用した資料

    http://dl.dropbox.com/u/222854/ncstudy_yoshida.pdf

    ■ アンケート

    http://enq-maker.com/c10CsmD

    ■ #01は無事終了いたしました、ありがとうございました。

    ncstudy#01 完了致しました。

    rails3の環境をあっという間に構築できる、クラウドならでは利用方法について、たくさんの方に活発に議論いただきました。

    アンケート結果については、後程公開したいと思います。

    ■ 講師吉田さんが、blogを書かれておりますので、ぜひご覧ください。
    NCstudyでハンズオンセミナーしてきました